加古川市で孤独死や遺品片付けなら

2017年01月18日(水)5:38 PM

■遺品整理は、故人に寄り添う大切な供養のひとつです


孤独死などで突然遺品整理が必要になったら、遺品整理の専門業者に任せるのが一番です。
遺品の片付けというのは、片付けを通して故人を偲び、思い出に寄り添う作業です。
不用品回収業者と遺品片付け専門の業者の大きな違いは、残された品物を「不用品」として扱うか、「遺品」として扱うかです。
同じ「もの」でも、遺品片付け専門のスタッフは、全ての品物を故人の大切な思い出として丁寧に取り扱わせて頂きます。

■加古川市のごみの回収について


加古川市のごみの回収は、ごみの種類によって回収の回数が定められています。
可燃ごみは、週2回、不燃ごみは、月1回の回収です。
また、かん・びん・ペットボトル・紙・衣類など資源ごみも、月1回の回収となっています。
粗大ごみと蛍光灯・乾電池は、年6回の回収しかないため、注意が必要です。
加古川市では年6回しか粗大ごみの回収がないため、遺品整理のように大量のごみが出る可能性のある場合は非常に面倒です。
弊社では、邪魔になる粗大ごみも厄介な不用品も、即時処分が可能です。
大量のごみに煩わされることなく、不要な品物は責任をもって処分いたします。

■遺品片付けには、プロの力が必要です


遺品片付けというのは、単に不用品を分別して処分すればいいというものではありません。
遺品整理とは、生前に使用していた物品を適正に仕分けし、部屋を綺麗な状態に戻す事です。
そのため、大量の品物の選別、梱包、処分、清掃など、遺品片付けにはたくさんの項目があります。
これを個人で行うと、何カ月あってもなかなか進まないというのが現状です。
弊社の遺品片付けのエキスパート達は、これまで培ったノウハウをもとに、迅速かつ丁寧に遺品片付けのお手伝いをさせて頂きます。
丁寧な遺品整理は、故人への供養にもつながります。

■弊社によるスムーズな遺品片付けの流れ


まずは、お電話かメールフォームにてお客様のご要望をお伝え下さい。
些細な疑問なども、遺品整理のエキスパートが丁寧にお答えします。
お電話にて大体の見積もりをお伝えしますので、お客様のスケジュールが合えば、即時対応も可能です。
実際に現場を拝見して正式な見積もりを改めてご確認頂けますので、実際に作業をご依頼されるのはその時で結構です。
遺品整理の代金のお支払いは全ての作業が完了してからになります。
お客様のお悩みやご予算に合わせた、適切なプランのご提案をさせて頂きますので、安心できるとのお声を多数頂いております。

■遺品片付けで後悔しないために


遺品の整理というのは、故人を偲ぶひと時でもあります。
遺品整理がすべて完了して、ようやく気持ちに一区切りつけることができたという方も多く、遺品整理はご遺族にとっても非常に大切な作業なのです。
弊社では、そんなお客様と故人を繋ぐ架け橋となるべく、遺品片付けのお手伝いに尽力させて頂きます。
故人との思い出が最後まで良い形に残るようなお手伝いができたら幸いです。


  |  

過去の記事