相生市で孤独死や遺品片付けなら

2017年01月12日(木)4:23 PM

■孤独死と遺品片付けの深い関係とは


親しい方が孤独死で突然亡くなられてしまった場合、その遺品片付けに頭を悩ませる方は非常に多いです。
遺品片付けというのはとてもデリケートな問題で、遺品の整理だけでなく、不用品の処分、室内の清掃といった厄介な作業がつきものです。
そのため、遺品整理には遺品片付けを行う専門業者を検討される方が増えてきました。
遺品片付けのプロに任せることで、大切な遺品も納得いく形で整理できるのです。

■相生市のごみの回収について


相生市は、可燃ごみの回収は週2回です。
指定のごみ袋に入れないと回収されないため、注意が必要です。
資源ごみと不燃ごみの回収は週に1回行われますが、それぞれ週ごとに分類が別れているので注意が必要です。
相生市で粗大ごみを出す際は、まず電話などで粗大ごみの回収の予約が必要です。
月に1度、第四4火曜日が粗大ごみの収集日です。
遺品片付けなどで大量に粗大ごみが発生した場合、相生市のように粗大ごみ回収の頻度が低いと、非常に厄介です。
遺品片付けで発生した不用品について、弊社では迅速な処分が可能です。
市での回収の手続きを待つことなく、即時対応できるのが専門業者の強みです。

■遺品片付けや孤独死部屋の清掃ならおまかせ下さい


遺品整理や孤独死部屋の清掃は、作業の負担以上に、残された方々の精神的な負担が大きいのが事実です。
また、孤独死の場合、突然のことなので、残された品をどう整理するべきか伝わっていないことも多く、遺品整理には時間がかかります。
弊社では、遺品の片付けに特化したプロ集団が、いつでも遺品片付けのお悩みをお伺いします。
個人では難しい、孤独死部屋の清掃などもおまかせ下さい。
どんな現場にも即対応が可能で、お客様の不安を解消致します。

■遺品片付けでお困りなら、まずはご相談から!


遺品片付けでお悩みなら、まずはお電話かメールフォームにてご相談下さい。
どんな場合でも、弊社の誇る遺品整理のプロが、お客様のお悩みを解消致します。
実際に作業をご依頼いただく場合、まずお電話にてだいたいの見積もりをお伝えします。
現場を実際に拝見した上で正式な見積もりをお伝えし、ご納得いただいた上で作業を開始します。
お支払いは作業が終了後となりますので、ご安心ください。
お電話を頂いてから作業完了まで、お客様のご要望に合わせてさまざまなご提案を致します。

■孤独死の遺品片付けで後悔しないために


親しい方が突然の孤独死などでお亡くなりになった場合、大量のごみと共に、遺品の扱いに困る方がほとんどです。
不用品回収業者に依頼したばかりに、大切な遺品まで処分してしまったというトラブルも起きる場合もあります。
弊社では、正しい遺品片付けのノウハウ持っておりますので、お客様の納得いくかたちで遺品片付けのお手伝いをさせて頂きます。
あとから後悔しないためにも、遺品片付けでお困りの際は、まずは遺品片付けのプロである弊社までご相談下さい。


  |  

過去の記事