小野市で孤独死や遺品片付けなら

2016年09月28日(水)4:19 PM

■自分で困る人は多い


孤独死と言えば所詮は他人事と考えている方もいますが、自身の身内に高齢者がいれば他人事でもありません。
いざ当事者となれば、親の死後に部屋を片付けるという手間が生じるのです。
そのため、他人事とは考えずに、もしかしたらあるかもしれないと考えておきましょう。
また、アパートやマンションなどを経営していれば余計に他人事ではなく、遺品片付けの対応に迫られて困ることも多々あるのですから、心構えは持っておきたいものです。

■ゴミ回収は手間がかかる


兵庫県小野市では週に2度の可燃ごみの回収があり、それ以外に空き缶やペットボトルなどのリサイクル処理される資源に関しては月に1度から2度程度の回収がおこなわれています。
また、粗大ごみに関しては別途排出するということになります。
孤独死による遺品片付けをおこなうとなれば家の中にあるほとんどすべてのものを捨てる作業となりますので、そのような行政側の日程に合わせてゴミを搬出していくのは相当な手間がかかるものです。

■気軽に作業いたします


弊社では孤独死によってその家族が遺品の後片付けをおこなうケースが増えていることから、そのような作業に関してお客様に代わって作業をおこない、お客様の要望に従う形で片づけをおこないます。
高齢化社会の中、日本には様々な問題が生じており、孤独死による部屋の原状回復に関してもひとつの重要な問題として捉えています。
依頼を受けたあとはスピーディーに作業をおこない、尚且つ費用に関してもリーズナブルな価格を目指していますのでご安心ください。

■まずはお電話ください


お悩みを抱えてしまった際、まずは弊社までご連絡ください。
その上でお客様の状況をお聞きして見積もりを提示いたします。
こちらの金額に納得頂いた上で作業に入らせていただきます。
お客様から要望をあらかじめお伺いし、必要なもの、保管しておきたいものなどはすべて保管させていただくなどの措置をとります。
また、すべてを捨ててほしいというようなケースでもきちんと対処させていただきます。
清算は作業終了後にお願いしております。

■スムーズに解決いたします
高齢化によって誰もが孤独死の当事者、もしくはその後始末を負わなければならない立場になる可能性を秘めています。
だからこそ、そのときが来た際には慌てることなく対処していきたいものです。
親御さんがアパートやマンションに入居していた場合には原状復帰の義務が親類縁者に生じるケースがありますし、こうした物件を経営するオーナーさんからの依頼も引き受けております。
ぜひ、お困りなのであれば、気軽にお問合せください。


  |  

過去の記事