伊丹市の学習机回収、処分は弊社にお任せ

2017年12月12日(火)8:23 AM

■学習机は分解できる?
学習机のほとんどは、机本体、引き出し、棚のパーツに分かれています。
購入した際に組み立てをした記憶がある方も多いでしょう。
そのため、不用品として出す際には、学習机はそれぞれのパーツに分けて運搬することができます。
しかしパーツに分けたとしても、机本体自体がかなり大きなものなので、最終的には粗大ごみとして処分するしか手はありません。
天板と脚が分かれても、やはりそれぞれを可燃ごみとして出すのは難しいです。
引き出し、棚のそれぞれに分けてもそれは同様です。
運ぶのは多少楽にはなるかもしれませんが、結局、学習机回収は粗大ごみとして扱うしか道はないようです。

■粗大ごみ回収の気になるポイント
伊丹市では、30センチ×30センチ×30センチ以上のもの、45リットル以上のごみ袋に入らないものを粗大ごみとしています。
つまり、学習机は分解できても、ほとんどのパーツは粗大ごみとして扱うしかないことがわかります。
回収は、粗大ごみ受付センターに申し込んで行いますが、伊丹市では一回の申込につき5点までしか受け付けてもらえません。
学習机もあまりバラバラにしすぎると、一度に回収してもらえない可能性も出てきます。
処理にかかる手数料は回収時に支払うので、処分する際には必ず家族の立ち合いが必要になります。

■学習机を楽々回収
このように、伊丹市で学習机を処分するには手間と時間がかかります。
多忙な方にはなかなか難しいのではないでしょうか。
そうしたときにお役に立つのが弊社のような不用品回収の専門業者です。
弊社にご相談いただければ、その日にすぐにおうかがい、学習机回収から処分まで、すぐに作業いたします。

ご自宅までうかがいますので、その意味では立ち合いが不要というわけではないでしょう。
しかしお見積りを出した後は、すべて作業は専門スタッフが行いますので、お客様の手間は一切取らせません。
ご自宅でくつろぎながら、あるいはお仕事や家事をしながら、作業完了をお待ちいただくだけで結構です。
回収、処分はすべておまかせで、有意義な時間をお過ごしください。

■地域密着での活動
弊社はこれまで、伊丹市を中心とする兵庫県全域で仕事を行ってまいりました。
多くのご家庭にお邪魔して、学習机を含む不用品の数々を回収、処分させていただいています。
これまでの長い実績を、業者を選ぶ際の参考になさってください。
学習机回収、処分に、ぜひ弊社をお役立てください。


  |  

過去の記事