三木市で孤独死や遺品片付けなら

2017年03月06日(月)5:08 PM

■遺品片付けは、単なる不用品整理ではありません


孤独死を迎えた方の部屋には、故人も忘れていたような、様々な品物が溢れています。
遺品片付けを専門にしている業者は、室内の品物を「不用品」として扱うのではなく、故人の思い出が詰まった大切な「遺品」として扱います。
残された品物をひとつずつ丁寧に仕分けして、必要なものを発見するのが遺品片付けを専門とする業者の基本です。
時には、家族も驚くような発見もあります。
遺品片付けは、故人の供養の場と同じなのです。

■三木市のごみの回収について


三木市では、可燃ごみの回収が週2回と、プラスチックごみの回収が週1回あります。
かん・びん・ペットボトルなどの資源ごみとその他の不燃ごみは月に1回の回収です。
びんは「あきびんぽすと」での回収になります。
また、携帯電話やノートパソコンといった小型家電は、市役所など各地に設置してあるボックスで回収を行っています。
三木市では、引っ越しや遺品整理などで出た大量のごみや一部の粗大ごみは引き取ってくれません。
そのため、大量に不用品が出た場合の処分は、専門業者に任せるしかありません。
弊社では、遺品の片付けと共にごみの処分も行っておりますので安心です。

■遺品片付けは、個人の力では困難です


遺品整理は、手間と時間と精神力を要する作業です。
一見すると物が少ないように見える場合でも、残された品物に思い出が詰まっているため、個人で作業するとなかなか思うようにはかどらない場合がほとんどです。
弊社では、遺品片付けに長けたスタッフが、適切に遺品を仕分けいたします。
孤独死部屋などで大量の遺品がある場合でも、その都度お客様と確認を取り合いながら、スピーディーに遺品を整理致します。
そのため、個人ではなかなか進まない遺品片付けも、プロの力で迅速に進みます。

■遺品片付けの流れのご説明


弊社ではお電話とメールフォームから、お客様のご相談を受け付けております。
できるだけ細かい現状がわかるご説明を頂くと、お電話でも正確な見積もりを出すことが可能です。
その後、お客様のスケジュールに合わせて現地にお伺いし、正式なお見積もりをお出しします。
作業は料金にご納得いただいた上で予約をお取り頂く事も可能ですが、必要であればその場ですぐに作業を開始できます。
遺品片付けのお支払いは、すべて作業が終わった後に、現金もしくはカードで承ります。

■大切な遺品の整理は弊社にお任せ下さい


遺品の整理は、残された方が前に進むためにも必要な仕事です。
遺品整理がすべて完了する事で、気持ちに区切りを付ける事が大切なのです。
そのように、遺品整理はご遺族にとって非常に大切な作業ですが、その労力は大変大きくもあります。
そのため、遺品整理は個人だけでなく、遺品片付けのプロに任せた方が、結果的に手間が省けて気持ちよく終われるようになるのです。
弊社ではお客様のアフターフォローにも気を遣っております。
遺品整理や孤独死部屋の清掃など、お客様のご要望や不安を、何でもお伝え下さい。


  |  

過去の記事